相続・成年後見について(司法書士法人貝原事務所)

沼津市の司法書士・貝原事務所の相続・成年後見に関するブログです。

身近に面倒をみてくれる人がいない

(サンプルケース。実際に弊所で取り扱った事案とは異なります。)

(1)

三島市に在住のAさん(85歳)は、子どもがおらず、兄弟として6歳としの離れたBさんがいます。

(2)

Bさんは遠方(徳島)で生活しており、年に数回、Aさんの様子を見に来ます。とはいえ、Bさん自身も高齢であり、いつもBさんの息子Cさんに連れてきて貰っている。

(3)

Aさんは、最近、物忘れがひどくなり、通帳を紛失したり、注文しているお弁当の支払いを忘れるようになってしまいました。

(4)

Bさんは、Aさんの財産管理が心配になりましたが、自身で代わりに管理することは上記のような状況であるため困難です。

(5)

そんなことをヘルパーさんに相談したところ、「成年後見制度」の利用をすすめられました。