読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

相続・成年後見について(司法書士法人貝原事務所)

沼津市の司法書士・貝原事務所の相続・成年後見に関するブログです。

後見業務の終了

 

本人が死亡すると、後見は終了します。後見が終了した場合には、次の事務を行う必要があります。

 

(1)家庭裁判所に対して

まずは家庭裁判所に連絡をします。その後、事務終了報告書を作成し、提出します。前回の報告から亡くなるまでの間の財産管理の状況および、亡くなった時点における財産の状況をまとめ、報告するものです。

この提出の後、相続人への財産引き継ぎをおこないます。

 

(2)後見登記の手続き

事務終了報告書の作成と並行し、後見終了の登記申請書を提出します。

 

(3)本人の相続人に対して

家庭裁判所への報告が完了した後、財産目録とともに本人の財産を引き継ぎ、相続人から受領書をもらいます。

この相続人への引き継ぎまでは、後見人の仕事となります。

広告を非表示にする