読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

相続・成年後見について(司法書士法人貝原事務所)

沼津市の司法書士・貝原事務所の相続・成年後見に関するブログです。

高齢の親に親族の一人が頻繁にお金をかりる

(サンプルケース。実際に弊所で取り扱った事案とは異なります。)

(1)

伊豆の国市に在住のAさん(85歳)には、子ども3人いました。長男Bさんは、Aさんと同居していました。他の兄弟Cさん、Dさんは、二人とも東京に住んでいました。

(2)

Aさんは、最近、物忘れがひどくなり、通帳を紛失したり、注文しているお弁当の支払いを忘れるようになってしまいました。

(3)
さらに、そうしたAさんの状況につけこんで、Bさんは、Aさんの財産を勝手に使うようになりました。なんとかしたいとCさん、Dさんは思っていますが、二人とも遠方に住んでいるためこまめに面倒をみることもできません。

(4)
そんなことをヘルパーさんに相談したところ、「成年後見制度」の利用をすすめられました。