読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

相続・成年後見について(司法書士法人貝原事務所)

沼津市の司法書士・貝原事務所の相続・成年後見に関するブログです。

判断能力の低下とは

(1)

「法的判断能力」というのは、具体的に鑑定できる者ではないため、医療的な診断をもって判断することとなります。

 

(2)申立の際に添付する診断書による判断

申立に際しては、医師による診断書の添付が必要となります。

本人のかかっている病気(たとえばレビー小体型認知症とか統合失調症など)、日常の財産管理に関する医師の意見等を記載します。

また、長谷川式認知症スケールやIQ判定の結果を記載いただくこともあります。

 

(3)申立後の「鑑定」による判断

通常であれば、上記診断書をもって家庭裁判所も判断をするのですが、場合によってはさらに鑑定をもとめられることもあります。

広告を非表示にする