相続・成年後見について(司法書士法人貝原事務所)

沼津市の司法書士・貝原事務所の相続・成年後見に関するブログです。

見守り契約

(1)任意後見契約の前段階として

任意後見契約は、本人の判断能力が不足する状況で発動します。逆に言えば、その間は、サポーターにはなんの権限もないことになります。

そのため、見守り契約を締結し本人の様子(発動の要否)を定期的に確認することがあります。

 

(2)とくに家族以外の方をサポーターにえらんだ場合

サポーターに家族を選任していれば、定期的に顔を合わせることによって、本人の様子を確認することができますが、日常的に会う機会のない人にサポーターを依頼した場合には、この「見守り契約」がセットになっていることが多いように感じます。

 

(3)契約の内容

契約の内容としては、サポーターに定期的(たとえば月に1回)な往訪を義務づけるようなものですが、あわせて財産管理の内容を盛り込むこともあります。

たとえば、月に1回往訪し、その際に銀行等の記帳をサポーターがかわって行い財産状況を確認するといったものです。

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

司法書士法人 貝原事務所
(しほうしょしほうじん かいばらじむしょ)

本事務所  :静岡県沼津市宮町441番地22
若葉町事務所:静岡県沼津市若葉町17-28
事務所HP :http://www.office-kaibara.com/index.html


沼津・三島・富士をはじめとする静岡県東部が主な業務地域です。
出張での相談にも取り組んでおります。


まずはお気軽にご連絡ください。
弊所へのお問合せについては下記HPをご参照ください。
http://www.office-kaibara.com/contact-test-mail.html


担当司法書士:築地(つきじ)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

広告を非表示にする